博多えび 海外の販売について 
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海外の販売について 
- 2012/01/06(Fri) -
おはようございます。
私達の用品について書きたいと思っていたのですが、LSS研究所や海外の販売をしてもらっている代理店からメールや連絡があり、本来はブログを使って書く事ではありませんが私が書かないと公平性がでないとの事で書く事にいたしました。
一般ユーザー様には関係のない内容ですがご了承ください。

僕らブリーダーにとっては自分達の屋号とも言えるえび名前の偽物、繁殖個体を私達の名前で販売、紹介する業者は私達にとって何の利益もありません。
今回、LSSさんからの質問で、昨年に私の自宅に買い付けに来た顧客がどれくらいいるかとの質問なのですが、お客様を自宅ブリーディングルームに招き見ていただくことはしていないのでゼロです。
また、海外のお客様で訪問して購入されたのは中国のENMさんと中国内陸の個人顧客さんだけではないでしょうか。
また、ショップより海外に出荷するとの事で発送した個体は香港の水族物語、中国のENMなどのLSSルート以外では選別漏れレベルのクラスだけです。

昨年度よりLSSが品質管理カードを発行しているので今後国内販売にも相談のうえで発行していくかもしれません。
こんな事を書かなくてはいけないくらいに世界的に不景気なんですね。
日本のえび業界の発展の為にも、私達だけでなく中堅・若手のブリーダーさんに希望のある業界になってほしいと思います。

念のため以前も書いたかもしれませんがLSSが発行している品質保証カードです。(一番上のカード nishikiとなっていますがここがHAKATAになります。)
S_R.jpg
ENTRY_R.jpg
A_R.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。