博多えび
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
- 2008/09/13(Sat) -


イベントが終わり、普段とかわらぬ日々を過ごしていますがブログを書くよりも今週は真剣に
目的交配や選別・組み換えなどで水槽とにらめっこしてました(笑
この時の私は真剣なんで、℡もらった方すみません・・・愛想悪いっす(爆

前にも書きましたが、犬の交配等で最近勉強してますが思う事。
えびは、歴史がない分まだまだ改良の余地あるなとか自分が甘いなって思いました。
私は今まで、交配の際仮説を立て1本の水槽に種親を入れてました。しかし、犬の場合は
ほぼ狙いの中で先祖家系を見て交配をやってます。
そういう意味で、ラインブリードが主流なんでしょう。。。

えびも知らず知らずにラインブリードをやってる方は多いでしょう。しかし、それもほんの少しの
間でラインを崩す方が大半じゃないかな?
今、気がつくと私の場合ラインを常に立て飼育してきたのかな?しかし、仮説の中でね^^
目的水槽(ライン)が我が家は半分を占め3割アウト2割インって感じじゃないでしょうか?
詳しく遺伝や理屈で交配はしようと思ってませんがイメージは大事なヒントをくれると思って
ます。
やはり生き物ですから理科・数学にはしたくありません。。。
えびにも、次世代に反映する大事なヒントをかならず個体で見せてくれてるでしょう~!
それを見抜くのが飼育者のブリードの醍醐味と思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。